気づいたら東大を卒業していたので、学部の4年間をざっくり振り返る

そういえば今年2022年の3月に東京大学教養学部学際科学科というところを卒業しました。
正直、4月からそのまま大学院に入学して東大生としての生活をenjoyしているので、卒業したという実感はそこまでありませんが、せっかくの節目ということで色々と振り返ってみようかなと思います。(あんまり覚えてないけど)以下だらだらと自分語りです。

学部1年 (2017)

↑当時の振り返り記事

正直、浪人の1年間でめちゃくちゃ「やりきった」ので、入学後も進学選択で点数競わされるのに疲れていた気がします。面白い授業も当時いくつか取っていましたが、今思えばもう少し点数とか気にせずに興味のある授業をたくさん取っておけばよかったな、という気持ちもあります。

夏休みに一人旅をしたのは本当にいい経験でした。お金がなく、5日間のうちのほとんどを野宿で過ごすというとんでもない生活でしたが「なんだかんだ生きていけるな」という気持ちになれました。

後のことを考えると、数学だけはちゃんとやっておいてよかった(なんならもう少し発展的な内容まで当時やっておけばよかった)と思っています。

  • 時間がたくさんあった🕰️
  • 本をたくさん読んだのはいい経験だった📕
  • 旅をしたのもいい経験だった🧳
  • もう少し進学選択を気にせずに授業を取っていたら楽しかったと思う
  • 今思えば、TOEICとかTOEFLとか英語系試験は英文法の知識が残っている受験直後に受けておくと良かったと少し後悔も

当時「起業」というワードになんとなく興味があり、大学1年生の頃は比較的学外の知り合いも多かったです。色んな人との対話の中で、自分の生き方をはじめて自分の頭でちゃんと考えるようになったのはこの頃かもしれないですね。

あと、この頃は池尻大橋(歩いて駒場行ける!)に住んでいたのですが、部屋が狭かったので一日中外をブラブラしてました。渋谷〜代官山〜池尻〜三茶あたり。代官山の蔦屋書店まで歩いて、そのまま池尻の文化浴泉っていう銭湯に寄って帰る生活。懐かしいなぁ。

懐かしの。雨の日の一枚。📸

学部2年(2018-2019, 休学しているので実質2年間)

↑当時の振り返り記事

とんでもないくらい暇でした。「デザイン」という概念にはじめて出会ったのは2年生の最初の頃ですかね。この頃から休学を考えるようになり、デザインという領域に興味を持ち始めます。今まで先天的な審美眼がないと無理だと勝手に遠ざけていた領域が、思ったよりも言語や知識で出来ていることに感動してモチベーションを感じていました。

あとこの頃「Mono-Coto Innovation」というイベントに学生ファシリテーターとして参加していました。このイベントは、中高生が夏休みに5日間かけて「デザイン思考」のフレームワークを使って行うアイデアソンで、自分はいくつかのチームの議論の手助けをするお兄さんをやってました。
この経験はめちゃくちゃ自分にとって有意義で、チームでものづくりをする楽しさと難しさを肌で感じた刺激的な5日間だったのを覚えています。

大した野望もなく、「デザイン修行をしたい」という気持ちだけで休学をしました。一年間頑張って、なんとか自分の武器を見つけたいなぁという気持ち。結果的にある程度使える武器になったような気がします。良かった。

休学中はずっと、渋谷のベンチャー企業にお世話になりました。一年間で、まずはミクロなUIデザインから、もう少しマクロに見てユーザー体験を考えたり、デザインスプリントを企画して実施してみたり、オウンドメディアのリニューアルを任せていただいたり、A/Bテストを実施してみたり、、とにかく会社のサービスのことを自分なりに四六時中考え続けて、思いついたことを片っ端から手を動かして試していました。「ハードシングス(って言ってもいいよね)」を経験できたいい一年間だったな。

渋谷で毎日頑張った思い出。🧑‍💻
サトゥー

東大は休学が無料でできるので本当におすすめです。もし前向きな理由で休学しようか悩んでいる人がいたら、めちゃくちゃオススメします。

復学してからは「教養学部 学際科学科 総合情報学コース」とかいう異端に所属することになります。相変わらず駒場で、しかも隅っこのなんか陰っぽい場所で過ごすことになります。
休学の一年間を経て、「働いてみた上で、自分はこういうことを大学で勉強したい」という明確な意思があって学部を選ぶことが出来たので、授業はモチベ高かったです。

あと池尻大橋の狭い部屋から今の部屋に引っ越した。

  • 酒に依存するな、過度な飲酒は自傷行為
  • 自動車免許は(取るなら)時間があるうちに取ろう、自分は大学1年→2年の春休みに取ったよ🚘
  • あと学部卒の人はこのあたりから就活を視野にいれて、自己分析とかガクチカ(学生時代力を入れたこと)のエピソードを集めとくと良いかも、たくさんチャレンジしてたくさん挫折してたくさん乗り越えよう

学部3年(2020)

↑当時の振り返り記事

ここからコロナです。急に生活のほとんどをオンラインで過ごすことになるのですが、最初は自分を律するのが大変でした。大学ではより専門的に情報科学の各トピックを扱うようになりました。「コンピュータサイエンスの分野、面白いけど勉強しなければいけないトピックが多くて大変だなぁ…」と感じ始めたのもこの頃かも。

東大発オンラインメディア – UmeeT の中の人がTwitterから声をかけてくれたことがきっかけで、UmeeTのデザイン・開発に携わるようになりました。自分が受験生の頃から存在を知っていたWebメディアの運営に(かなり広範囲の権限を持って)関われたのは本当に貴重な体験でした。

サトゥー

あと aiko のファンクラブに入った気がします。

これはふらっと訪れた長野県上高地。

学部4年 (2021)

オンライン生活に嫌気が差してしまったのか、少し頭のネジが外れてしまい「山手線を歩いて一周」とか「東京から茨城まで自転車移動」とかクレイジーなことにチャレンジしていました。

山手線一周したときの一枚。響いた。

そういえば就活をしていなかったことに気づき、焦ってTOEIC受けたり一社だけコンサルで新卒採用受けたりしてました。結局大学院進学をするのですが、実は社会人修士をできないか数ヶ月交渉していた時期がありました。

卒業研究が全然進まないまま時間だけが流れていきました。卒業研究で配属された研究室は、教授がとても優しいのですが基本は放置というか、自分からガンガンフィードバック貰いにいかないと厳しいところで、研究のことが何も分からない自分は大変でした。中間発表までは本当に何も決まらず、最後の数ヶ月でなんとかそれっぽい形にした感じがあります。正直卒業研究に関しては後悔しかないのですが、研究の雰囲気が分かった一年間でもあったので、修士ではもう少しコツコツ成果を出せるように頑張りたいです。

卒業要件は最後の最後でなんとか満たしたので卒業出来ました。卒業式では学科の友人に久々に会ったような気がして「オンラインの大学生活マジでなんだったんだろうなぁ」という気持ちも少し。基本的に授業とかは便利だけどね。。。

ステキな写真は今の研究室同期が撮ってくれました 📸
サトゥー

まぁ、こうして振り返ると総じて「充実」してたかも?

そして修士課程へ…

こうして24歳修士1年が爆誕👶します。のんびり生きてますね。のんびり生きることが出来て幸せです。

今は「東京大学大学院 学際情報学府 学際情報学専攻 総合分析情報学コース」というところに所属しています。とりあえず2年間は、自分が指導を受けたかった先生のもとで、自分がしたい研究をするつもりです。

その後どうするかはまた考えます。キャリアについては相変わらず何もわからないので、ここまで読んでくれたみなさん、ぜひゆるーくお話しましょう。最近はPMに興味あります!


サトゥー

このブログはもう少し定期的に、人生の進捗とか思ったこととかやったこととか更新する予定です。ではまた。

もし書いてほしい内容とかあったら https://satoooh.pageful.app/request から適当に投げてくれるととても助かる、可能な範囲で書きます😁

この記事を書いた人

サトゥー

東京大学で教養の海に溺れています。